2013年10月24日木曜日



きれいにアイロンをかけるためのひと手間。

おいしい料理を作るために、下ごしらえにひと手間かけるように、きれいにアイロンをかけるためにもひと手間かけたい。僕のひと手間は、一日着たワイシャツを脱いだらすぐに、襟に洗濯洗剤をしみ込ませておくこと。

アイロンをきれいにかけるためには、アイロンをかける衣類がきれいであることが前提である。汚れた衣類にアイロンをかけたところできれいにはならない。

アイロンの天敵のひとつは皮脂。洗濯しても皮脂が残っていては、汚れ成分を衣類の繊維の中に、油ごと熱で定着させてしまうようなもの。これを繰り返すと汚れが染み付いて洗っても落ちなくなってしまう。これをアイロン前のひと手間、というより洗濯前のひと手間で皮脂をできるだけ取り除いておきたいのである。

仕事から帰ったらすぐにワイシャツを脱いで、襟を広げ液体洗剤を襟にそって少量かけ染み込ませておくだけ。あとは洗濯するまで放っておく。多分、あまり何日も放置しておくと洗剤が固まってしまい逆に汚れが落ちなくなってしまうと思うのでなるべく早めに洗うことをお奨めしたい。1日2日なら普通に洗濯すれば問題なく汚れは落ちる。

そもそも襟に汚れが着かないようにと、朝シャワーを浴びる時に首周りをできるだけきれいに洗うことを心がけてはいるが、仕事から帰ってワイシャツを脱ぐと襟がじんわり汚れている。仕事の合間に制汗シートなどで首周りを拭いたりすればよいのだと思うが、そこまでやるとひと手間の域を超えてしまう。いまのところは洗濯前の洗剤しみ込ませテクが僕のひと手間である。

昨晩からこっそり立ち上げたこのブログ、いまのところ39ページビューという閲覧数。うちわけは日本:21、アメリカ:16、韓国:1、ウクライナ:1。ウクライナの読者の方、遠くからありがとう!韓国、アメリカの方はきっと僕のブログが映画「アイアンマン」に関するブログだと勘違い閲覧かな。


しわを伸ばして今日もリフレッシュ!

本日のお仕事:

ワイシャツ×1、綿パンツ×1、子供の幼稚園のブラウス×1