2013年10月27日日曜日

週末はズボンを洗う。


アイロンがけは通常平日の夜か朝に行う。仕事が休みの週末は、アイロンがけのお仕事もお休みである。ただし、アイロンはお休みでも、平日に履いたズボンを洗うのが、土日のお仕事となっている。

もちろん、自分で洗濯するのはスーツのパンツではなく、綿のパンツである。

環境保全のためのクールビズが施行されて以来、僕の職場も一年を通してノーネクタイでの勤務となった。それを期に、長年着ていたスーツをやめて、ジャケットと綿のパンツ、いわゆる”ジャケパン”スタイルにした。

ジャケパン通勤になってからも、ジャケットとパンツはクリーニングに出していたのだが、だんだん太股の辺りから臭ってくるパンツのクリーニング臭が気になり、クリーニングに出せば出すほど臭いがキツくなってきた。しかも、クリーニングからあがってきたばかりのパンツはじっとりとオイルがしみ込んでいて日にちが経ってもじっとりとした染みがとれなくなった。

「これはもう、洗うしかない」

そう思い立って、洗ったことのない綿のパンツを洗ってみたのである。もちろん、プライベートで普段履きしている綿パンは洗っているが、アイロンがけ対象外であった。

まずは洗面シンクに水を張り、ホームクリーニング用洗剤を入れ、パンツをつけてみた。すると油がしみ出してきて、洗濯水は真っ黒になった。

「これをずっと履いていたのか。。。」

これまで清潔のためと思って、こまめに出していたクリーニングが逆に汚れを蓄積することになっていたとは。それっきり綿のパンツをクリーニングに出すことはやめて、自分で洗うことにしたのである。洗い上がったパンツは、においもなく、色も明るくなりさらっと清潔感満載に!

こうしてアイロンのお仕事メニューに、自分で洗った綿のパンツがラインアップとして加わり、週末の楽しみとなった。もちろん、ポリエステルのパンツやジャケットはクリーニングに出しており、必要に応じた使い分けをしているわけであるが、できればそのうち、手洗い&アイロンにチャレンジしてみたいものである。

こちらは、クリーニング出していたパンツを洗った時の模様。汗や日常の汚れとは異なるものが出てきているのがわかる。